司法書士とは、法務局や裁判所に提出する書類の作成・申請の代理を業として行うことができる国家資格です。
法務局に申請する登記手続きの代理や裁判所に提出する書類作成の代理を行います。

司法書士とは?EXPLANATION

司法書士は、人々の財産と権利を守るために、様々な事案の法的解決を専門とする職種です。
お気軽にお問い合わせください。

業務内容 —取り扱い業務について—BUSINESSWORK

下記で主な業務について説明いたします。
司法書士は主に法務局に提出する登記手続き業務、裁判所に 提出する書類の作成業務を行っております。
記載がないお手続きについてもお困りごとがある場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

不動産登記・相続手続き業務

不動産登記とは、売買・贈与・相続などによる不動産の名義変更、融資を受ける際の抵当権設定などの手続きのことを指します。
また、相続手続きでは、相続による不動産登記だけでなく遺言書作成サポートや相続放棄書類作成などを行っております。

商業登記手続き業務

商業登記とは、会社(株式会社等)法人(社団法人、財団法人等)などを設立する場合に
法務局の商業登記簿に会社名や事業内容、役員などを記載する手続きのことで、登記をしてはじめて会社として認められます。
また、会社の設立以外にも、商号の変更、目的の変更、役員の変更時にも申請が必要で、それらの書類の作成や登記の申請を行っております。

成年後見手続き業務

成年後見制度とは、ご本人の判断能力が何らかの影響により不十分な場合(認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など)に、ご本人を法律的に保護し、支えるための制度です。
ご本人の住所地管轄の家庭裁判所へ成年後見人を申し立てるお手続きを行 います。